【EMW/海外の最新情報】

 ここでは、EMW公式HPの記事をもとに、最新状況を随時発信いたします。

 

 

【2019/4/09  

モビリティウィーク&カーフリーデー2019テーマ発表!

 

毎年、9/16から9/22、世界的に行なわれている「モビリティウィーク&カーフリーデー」

 

先日、EMW本部より今年のテーマが発表されました!

 

テーマ2019:「安全な歩行と自転車~一緒に歩もう~」です。

 

モビリティウィークは、移動を切り口に、環境問題からわたしたちの健康、生活、文化にまで幅広く考えていく啓発活動ですが、年々、移動と環境の関係以上に、わたしたちの日々の生活に身近な、健康や家計へのアプローチ、アピールに力が入れられているようです。

 

 

移動の問題をもっと身近に、そして、移動を見直すことで、より健康的でゆたかな生活を送れるように。

今年も啓発に努めていきたいと思います。

 

 

 

 

*******************************************************************************************************************************

Theme2019

"Safe Walk and Cycling"

Walk with us!

安全な歩行と自転車~一緒に歩もう~

 

 *******************************************************************************************************************************

 

私たちの身体は、本来、動くようにできていますが、多くの人が、一日を通じて、運動する時間をなかなかもてていません。

 

日常動作のかなりの部分(通勤・通学、デスクワークもしくはパソコン作業など)が、”座っている”ことに気付きます。

 

では、どうしたら、日常生活に運動を取り入れ、同時にお金も節約できるでしょうか?

 

今年のヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデーでは、安全な歩行と自転車、

そして、環境、健康、家計へのメリットについて、焦点をあてます。

 

歩いたり、自転車を漕ぐなどのアクティブな移動は、Co2を排出しません。また、心身ともに健康でいられます。

 

健康面でいうと、自転車をよく乗る人は、そうでない人に比べて、平均2年寿命が長く、

病気のために仕事を休む日数が15%少ないということが研究で示されています。

 

ぜひ、この9月に、私たちと一緒に歩き、そのメリットを実際に体験しませんか? 

 

 

→ EMW公式HPでの発表・掲載はこちらをご覧ください

 

 

 

【2018/4/1  

モビリティウィーク&カーフリーデー2018テーマ発表!

 毎年、9/16から9/22、世界的に行なわれている「モビリティウィーク&カーフリーデー」

 

先日、EMW本部より今年のテーマが発表されました!

 

テーマ2018:「移動の多様性ーいろいろな方法で移動しよう!」です。

 

モビリティウィークは、移動を切り口に、環境問題からわたしたちの健康、生活、文化にまで幅広く考えていく啓発活動ですが、年々、移動と環境の関係以上に、わたしたちの日々の生活に身近な、健康や家計へのアプローチ、アピールに力が入れられているようです。

 

 

移動の問題をもっと身近に、そして、移動を見直すことで、より健康的でゆたかな生活を送れるように。

今年も啓発に努めていきたいと思います。

 

 

 

 

*******************************************************************************************************************************

Theme2018-"Mulutimodality"

Mix and Move!

移動の多様性ーいろいろな方法で移動しよう!

 

*******************************************************************************************************************************

 

 

 

 

 

ヨーロッパでは、食べ物、ファッション、音楽など、人々はバラエティを好みます。

しかし、なぜ、ひとたび交通となると、多くの人が1つの交通手段しか選ばないのでしょうか?

今年のヨーロッパモビリティウィークでは、AからBへの様々な到達方法を探求し、何が最善かを考えましょう。

 

今年は、いろいろな移動手段を利用してみる「移動の多様性」に力を入れます。

 

多くの人は、あまり考えないで、いつもと同じ交通手段を選んでしまいます。

たとえば、クルマは、家族で海に行くのにはとてもよい移動手段ですが、スペースやアクセスが制限されがちな街なかへ行く場合には、どうでしょうか。

 

そんなわけで、今年は、ぜひ、いろいろな移動手段を試してみませんか?

ジムに行きがてら、自転車で一足先にカロリー燃焼してみたり、

電車にのって交通渋滞を避けてみたり、歩いて買い物にでかけて駐車代を節約してみたり。

 

特にちょっとした移動を歩いたり、自転車にしてみるなどの試みは、健康面でのメリットだけでなく、家計にも大幅な節約につながります。

 

「移動の多様性」という考え方は、都市の人々の動きを考え直し、新しい移動のかたちに挑戦していくことにもなります。そして、都市の観点でみれば、代わりとなる移動手段をサポートする政治的意思も 求められます。

 

日々の移動に持続可能な交通手段をとりいれることは、環境にプラスになるだけでなく、個人が少し家計から支出することで、より健康的に幸せになるということもわかるでしょう!

 

 

 

→ EMW公式HPでの発表・掲載はこちらをご覧ください

 

 

 

【2017/10/18】  

EMW&CFD2017 EU終了レポート

 

ヨーロッパモビリティウィーク(9/16-22)2017は、世界50カ国、2526都市で実施されました。モビリティウィーク始まって以来の最多の参加となりました!

昨日、EMW本部より、終了レポートが配信されましたので、こちらにご紹介します。

  

なお、日本国内では、全国12都市が参加し、ただいま、各都市より報告をお待ちしているところです。

こちらもぜひご期待ください。

引用:European Mobility Week Monthly Report(2017/10) 

 

 

【トピック1】

EMW&CFD2017 欧州委員会モビリティ及び交通担当コミッショナーからのビデオメッセージ

EMW&CFD2017 欧州委員会モビリティ及び交通担当コミッショナーからのビデオメッセージ


 

欧州委員会モビリティ及び交通担当コミッショナーであるVioleta Bulc 氏。

 

今年のEMW&CFDにむけ、9月に、参加のよびかけや意義について、ビデオメッセージ(Youtube)を配信しました。

 

現在、モビリティウィークは終了しましたが、今年のテーマである「きれいで、共有された、賢い移動 ~シェアして、もっと先へ~ [共同利用による新しい可能性]」は、終わっていないとして、EMW本部では、この動画を広く配信・アピールしています。

 

このメッセージには、EMW&CFDの様々な要素が織り込まれていると思いますので、日本事務局としても、ぜひとも紹介したいと思います。

 

→ 詳細はこちらをご覧ください

 

【トピック2】

EMW&CFD2017 ポーランド ナショナルコーディネーターへのインタビュー

 

今年、100都市を超える参加となったポーランド。実は、昨年まで、30都市の参加でした。

ここでは、国のEMW担当者「ナショナルコーディネーター」であるMaria Perkuszewska氏が、その飛躍について紹介しています。

文章・写真 引用:EuropeanMobilityWeek NEWs

 

→ 詳細はこちらをご覧ください